【ミニマリスト】「ラグなし・マットなし」生活のここが良い!

こんにちは、みや兄です🐥

今日はミニマリストの話で「ラグなし・マットなし」生活についてをテーマにしたいと思います!

簡単に言うと「家にあるすべてのマット類は排除しても良いんですよ」というお話です。

極端な話と思われますが「実はなくてもいいんじゃない?」と思うことが大切で、

マット類はあってももちろん良いのですが、実践してみて、なくても困らないことに気づいたのでその経験談を伝えられればと思います!

その「メリットは3つ」あります!

①掃除が超絶に楽になる

キッチンやトイレ、部屋によってはリビングのラグなど部屋にあるたくさんの敷物。

こだわりが特になければこれらの敷物類は必要ないと思います。

これらの敷物類は必要以上にほこりなどのごみを溜め込むからです。

見えないところでゴミがたまり、そのゴミをキレイにするためにコロコロをかけたりする。

めんどくさい、それはもうめんどくさいのです!

最初からなくしてしまえば掃除機かけたり簡単にモップがけ、ホウキで片付けなどしなくて良いので手間がかかりません。

なるべく「床が見える面積を広くすること」でキレイさをうまく保つことができます。本当に手間がかからなくなります。

掃除が超絶に楽になるのが第1のメリットです!

②マット買わなくて良いからお金が浮く

マットを揃えるとなると地味にお金がかかります。キッチンマット、トイレのマット、リビングのラグを揃えると結構なお金がかかります。

トイレなんかはマットに合わせて便座カバー買ったりするとまた出費が重なります。

汚れすぎたら買い直すのも大変ですし、それならばその都度簡単にキレイにしておけば良いんですよ、便座カバーなんか特にそうです。

カバーかけるくらいなら毎回軽く拭き取って、掃除のときにキッチリきれいにするようにすればいいんです!

物を少なくキレイにしておけば余計な出費をかけなくても大丈夫になります。

出費面を考えてマット買わなくて良くなることが第2のメリットです。

③マット洗濯しなくて良くなるので洗濯も楽に。

①のところでも出てきましたが敷物類はあると掃除が大変です。

キッチンやトイレのマットはかなりの頻度で洗わなくてはいけなくなります

リビングのラグもたまには洗って干してということが必要に。

それならマットなくして床をクイックルワイパーで拭いた方が楽だし早いし便利だと思います。

洗濯する時間も水道代ももったいない、干すのも手間だし乾燥にも時間がかかる。

無駄を省くためにはマット洗濯は不要of不要です!

マット使うとするならば風呂場の珪藻土マットくらいですね。

あれは立て掛けておくだけでいいですし、衛生面を考えても布製のマットより良いと思います。

お風呂のマットは布製のものはいくつかストック必要になってしまいますからね。

マット洗濯しなくて良い生活は洗濯が楽というのが第3のメリットです。

◯つまり「ラグなし・マットなし生活は無駄をなくし、時間を産み出すのにも効果的。ストックも減らし、掃除の手間も省けて最高」です

私は部屋の掃除にirobotのブラーバを使っていますが、これを使えばフローリングの掃除も出掛けている間に終わらせることができてさらに楽です。

ブラーバについては少し過去記事で紹介していますのでそちらに。これは本当に便利!時間を産み出す最強マシンです!

【ミニマリスト】「ブラーバジェット」で掃除を楽する。

ブラーバ使うとなるとマット類があると使いづらいので、そのためにも床にはなるべく物を置かないようにしています。

床にモノを置かないことについては「死んでも床にモノを置かない」という本が参考になりました。それについても過去記事ありますのでリンク貼っておきます。

【ミニマリスト】書籍「死んでも床にモノを置かない」

床になるべく物を置かずにキレイにしておくこと、そのためにはマット類をなくすか少なくすることで達成できます。

今日はミニマリストのパートで「ラグなし・マットなし生活」についてでした。

これからも読んでもらっておもしろい記事、楽しい記事を書きたいと思いますのでよろしくお願いします!

ではではー🐥

良かったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

みや兄Twitter→@miyabomber0101

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です