【ミニマリスト】「テレビなし生活」のすすめ

【テレビなし生活】

こんにちは、みや兄です🐥

今日もミニマリスト関連の話をしたいと思います!

「テレビを持つ生活をやめたら時間が格段に増えました!」というお話。

一人暮らしだからこそできることではあるんですけど、「テレビを持たない生活」というのは時間を産み出すのに最適だと思います。

見たい番組があれば別ですが、下の3つの理由の時には時間を無駄に過ごしているかもしれません。

◯無駄にテレビを見る「3つの理由」

①朝起きてとりあえずテレビをつける

②帰ってきたらとりあえずテレビをつける

③特に見たい番組はないけどとりあえずテレビをつける

私はこれをやってしまうと、「あっ、もうこんな時間だ」「あれやっておけば良かった」「時間たつの早いな」後悔してしまうことが多くありました。

テレビをつけなければ良いんですけど、意志が弱く気がつくとテレビをつけてしまっていました。

「こうなったら物理的に取るしかない」ということで、

テレビを外してみました。

某リサイクルショップで3,000円になりました。手前のデスクライトも一緒に引き取ってもらいました。

テレビを外して不便になるかなと思っていましたがそんなことはなく、むしろメリットが多くありました。

◯感じた3つのメリット

①なんとなく見ていた情報ではなく、自分が見たい情報・得たい情報を能動的に見るようになった。

②テレビを乗せていた台もなくすことで部屋がスッキリして使える場所が広くなった。

掃除が格段にやりやすくなった。

以上の3点をまとめると自分に有益な情報を得る時間が増え、無駄に過ごす時間がなくなったのです。

テレビなし生活は2020年9月から行っていますが、まったく不便なく生活することができています。

観たいYouTubeを自ら選び、このようにブログを書いて、好きな音楽を聴き、読みたい本を読み、自分のやりたいことに時間を注力できるようになったのは、テレビを手放したことが大きかったです。

時間を産み出す手段の一つとして、私はこの方法がマッチしました。デメリットを上げるならば少しだけテレビの話題についていけなくなることくらいですが、それを上回るメリットがあるので気にはなりません。

時間を産み出す方法として、自分の意志で行うことが難しいことであっても、物を手放すことで簡単に可能になりました。

次回は逆に「手に入れたことで時間を産み出したもの」を紹介したいと思います。

ではではー🐥

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!

Twitter→@miyabomber0101

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です