※【世界遺産】38水利灌漑施設/産業関連遺産と近代都市~アジアの世界遺産

こんばんは、みや兄です!12月12日までは世界遺産検定1級合格に向けての勉強シリーズです。

公式テキストである「すべてがわかる世界遺産大事典(上)(下)」を中心に自分の苦手ポイントメモなどを加えていきたいと思います。

「すべてがわかる世界遺産大事典(上)(下)」
読むだけでも楽しい本。オススメです

Amazon→すべてがわかる世界遺産大事典(上)

Amazon→すべてがわかる世界遺産大事典(下)

今日は第38回目ということで「38水利灌漑施設/産業関連遺産と近代都市」です

■水利灌漑施設

◯京杭大運河

(文)中国 2014年/2016年範囲変更

登録基準(Ⅰ)(Ⅲ)(Ⅳ)(Ⅵ)

場所 中国の東部から中央部の平原を縦断する運河

歴史 紀元前5世紀から開削が始まり、後7世紀の隋の煬帝の時代に連結された。

特徴 新たに黄河と淮河を結ぶ通済渠や、黄河と天津を結ぶ永済渠、長江から杭州を結ぶ江南河が開削され大運河は完成。

■世界遺産の対象は6つの省市にまたがる1,011kmの運河と関連の遺産58カ所。

Wikipedia→京杭大運河

◯バリの文化的景観:バリ・ヒンドゥー哲学トリ・ヒタ・カラナを表す水利システム「スバック」

(文)インドネシア 2012年 文化的景観

登録基準(Ⅱ)(Ⅲ)(Ⅴ)(Ⅵ)

場所 インドネシアのバリ島。

歴史 9世紀頃から継承されてきた「スバック」は陣に集められた水を分け合う水利システム。

特徴 バリの土着信仰やヒンドゥー教、インド仏教などが融合した、バリ・ヒンドゥーの哲学である「トリ・ヒタ・カラナ」に基づく5つの棚田の景観や灌漑施設、水利システム「スバック」を司る寺院などが登録されている。

Wikipedia→バリの文化的景観:バリ・ヒンドゥー哲学トリ・ヒタ・カラナを表す水利システム「スバック」

◯ペルシアのカナート

(文)イラン 2016年

登録基準(Ⅲ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→ペルシアのカナート

◯シューシュタルの歴史的水利システム

(文)イラン 2009年

登録基準(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅴ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→シューシュタルの歴史的水利システム

◯青城山と都江堰水利施設

(文)中国 2000年

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)(Ⅵ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→青城山と都江堰水利施設

◯アフラージューオマーンの灌漑システム

(文)オマーン 2006年

登録基準(Ⅴ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→アフラージューオマーンの灌漑システム

■産業関連遺産と近代都市

◯ジャイプールのジャンタル・マンタルーマハラジャの天文台

(文)インド 2010年

登録基準(Ⅲ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→ジャイプールのジャンタル・マンタルーマハラジャの天文台

◯インドの山岳鉄道群

(文)インド 1999年/2005年 2008年範囲拡大

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→インドの山岳鉄道群

◯サワルントのオンビリン炭鉱遺産

(文)インドネシア 2019年

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→サワルントのオンビリン炭鉱遺産

◯ムンバイにあるヴィクトリア朝ゴシックとアール・デコの建造物群

(文)インド 2018年

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→ムンバイにあるヴィクトリア朝ゴシックとアール・デコの建造物群

◯チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)

(文)インド 2004年

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)

◯テル・アビーブの近代都市ホワイト・シティ

(文)イスラエル 2003年

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→テル・アビーブの近代都市ホワイト・シティ

◯ペルシア湾の真珠産業関連遺産:島嶼経済の証拠

(文)バーレーン 2012年

登録基準(Ⅲ)

場所歴史 ◯特徴

■※まとめ~他の人にこの世界遺産を説明するならどう説明するか

Wikipedia→ペルシア湾の真珠産業関連遺産:島嶼経済の証拠

おわりに

「水利灌漑施設」については、

「産業関連遺産と近代都市」については、

世界遺産検定の他にも色々なジャンルの記事を書いてますので気になるジャンルがありましたら読んでいただけると幸いです。

これからも生活の役に立つ記事、楽しい記事を少しずつ書いていきたいと思います!

ではではー!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

みや兄 Twitter→@miyabomber0101

世界遺産検定1級→39文化的景観①~アジアの世界遺産

世界遺産検定1級→(目次へ)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA