【読書】『心を整える』(2021年7月)

こんにちは、みや兄です🐥

毎月25日は本の紹介ということで定番記事にしていきたいと思います。

今回は自分の生活をきちんと律するためのオススメ本を選びました。

少し前の本になりますが紹介したいと思います。毎日の生活ルーティンを作り上げるのに参考になると思います。

◯長谷部誠さんの『心を整える』を紹介します

今月紹介するのは長谷部誠さんの『心を整える 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』です。

Amazon→『心を整える 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』(長谷部誠)

この本は大事な場面に臨むためのメンタルコントロールについてや、いかに平常心を保つ、作り上げることができるかなどがたくさん書いてあります。

普段通りの自分を出せるためにどのようにすべきなのか、徹底的に行動のパターン化を試していることなどが、ストイックに書かれています。

これは少し前の本ですが、現在でも参考になる良い本でした。

◯各章のタイトルとその中で感銘を受けた部分を紹介します。

第1章「心を整える」

■どんなに忙しくても心を静める、メンテナンスする時間を確保する。

■自分に合った準備の仕方を突き詰めること。

■整理整頓をすることで心の掃除も。

■周りを気にしすぎない、「鈍感」になれたことが良かった。

■愚痴を言わない、愚痴は何も生み出さない。

■恨みは貯金せず次に向かってリスタートする。

■好きなものについて一番良いと思ったものを一途に使い続ける

■自分と向き合う時間の作り方

第2章「吸収する」

■身近な人たちからそれぞれの良さを吸収すること

■自分と向き合う2つの方法

■苦しいときこそ明るさを失わず乗り越えていくこと

■真のプロに触れる

■身近なところにいる「頑張っている人」を目にしてエネルギーをもらう

第3章「絆を深める」

■チームを整える存在として

■チームの潤滑油に

■思ったことを言い合える関係を築くのがプロ

■苦手な人でも一度は歩みより良いところを探して信頼する。

■信頼関係を築くには自分から飛び込む

■フラットな目線を持つこと

■群れない

第4章「信頼を得る

■我慢して継続すれば「組織の成功」と「自分の成功」がいつかは一致する

■監督の言葉にしない意図を読む

■競争は自分を進化させてくれる

■正々堂々と勝負する。媚やごますりは自分の覚悟を弱らせる。

■さぼっていたら運なんて来るわけがない、運が味方してくれたのはそれにふさわしい準備をしていたから。

■自分のための進言にならないように、チームのために組織のためにという意識で。

■努力や我慢は秘密にすべき

第5章「脳に刻む」

■本を読むことで心を落ち着かせると同時に自分の考えを進化させてくれる

■「読書ノート」で心の点検

■監督の手法を記録する

第6章「時間を支配する」

■平穏に夜をすごし、睡眠をしっかりとるため、夜の時間をマネージメントする。

■日々のリズムを普段から整えられるか

■限られた時間を無駄にしないために必要な準備の時間

■遅刻は相手の時間を奪ってしまう

■遅刻するのはまだ甘さがあり、周りに対する尊敬の念が薄いと思われてしまう

■音楽の力で心を整え、奮い立たせる。

■ミスチルの力

■息抜きも度が過ぎたら時間の浪費

第7章「想像する」

■最悪の状況を想定するのは何が起きても受け止める覚悟があるという「決心を固める」作業でもある

■人の上に立つ人間は孤独

■勝負所で100%+αの力を出せるように

■その日その日の楽しみを優先せず、先を見据える

■楽な方に流されると誰かが傷つく

第8章「脱皮する」

■正解はその時々において変わるもの、その正解に柔軟に対応できる存在に

■迷ったときほど困難な道を選ぶ、得るものも多い道である

■挑戦し続け、その場で全力でもがき続けると人間は変われる

■異文化のメンタリティを受け入れる

■教えられる側の心構え

第9章「誠を意識する」

■自分の名前に誇りを持つ

■外見は自分だけのものではない

■外から見えない土台を大切に

■正義感が強すぎても周囲を締め付けてしまう

■感謝は自分の成長につながる

■自分の仕事を楽しみ、それで多くの人を喜んでくれることが幸せ

最終章「激闘のアジアカップで学んだこと」

■気持ちを伝えるために大切なのは目を合わせること

以上、全部で十章に分かれており、当時27歳の長谷部選手の想いが刻まれています。

最後まで読み切って、実生活にも役立つ点が多くあるところはとても参考にもなりました。

生活を律し整えることの大切さを改めて感じることになりました。良い本です本当に。

社会人の心構えを学ぶ意味でもおすすめしたい本です。

過去に読んだ本では、生活を律し整えることについて参考になった元広島東洋カープ投手の黒田博樹さんの著書を紹介した過去記事もあります。

こちらも内容について以前少し書きましたので良かったら記事も読んでいただければと思います。

過去記事→【読書】『決めて断つ』(黒田博樹)

今回は仕事でも生活面でも有効に活用できるライフハックやマインドが多く書かれている『心を整える 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』を紹介しました。

これからも毎月25日は本の紹介を色々としていきたいと思います!

これからも生活の役に立つ記事、楽しい記事を少しずつ書いていきたいと思います!

ではではー🐥

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

みや兄 Twitter→@miyabomber0101

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です