【コロプラ】29/小笠原強行旅~全国制覇旅行記【全国制覇】

29小笠原強行旅

2013年3月13日~15日

【制覇】45東京(小笠原) 南関東制覇

コロプラで小笠原のスタンプは最難関
時間とお金があれば大体の地域は行けますが、小笠原だけは別格

■東京都なのに本土から1000km離れている

■空港がないので移動手段は船のみ。

■その船が片道26時間

■到着日合わせて基本的には4日は滞在しないといけない。

■故に1航海で基本的に6日かかる。

■外洋に出るので船は時にはかなり揺れます

■ちなみに小笠原は野宿禁止

■なので宿泊先も予約必須

■加えて乗船券も予約必須
(※船+宿+各種クーポンをセットにしたおがまるパックが時間あるかたはよろしいと思います。)

■早く予約しないと乗船券が取れな

船と宿とクーポンが一緒でお得なパック。
普通に小笠原を楽しむならば“おがまるパック”
小笠原で4日間楽しむための色々なプラン
(海水浴、ホエールウォッチング、スキューバダイビング、母島へ行く等)があります。

小笠原を楽しむ。私にはそんな時間がなかったので(涙) 
今回は強行手段で3日で攻めました

1航海6日は最低かかると上述していますが、なぜ3日で行けるのか?

それは正月、春休み、GW、夏休みなどは父島折り返しの便になるので、俗にいう“着発”で行くことができました。

これだと滞在時間は短いですが3日あればなんとかクリアできます。

今回は着発で強引に行きましたが、余裕があれば今度はアクティビティを色々楽しみたいです。

それでは予約までの流れや、おがさわら丸の船内旅の感想などを。

小笠原では自然を守るため、外来種が入らないために気をつけていることがあります。

◯おがさわら丸予約までの流れ。

基本的には乗船の2ヶ月前から旅行会社か小笠原海運さんで予約できます。

ただし、着発できるのは旅行者が多い長期休暇などの期間
故に乗船券が取れない可能性もあるわけです。

そのような時期は発売開始日が決まってまして、なるべく早めに取ることが必要になります。

今回は3/13出港の便を選びました。

2013年は3/6~4/1までの乗船券については1/10に一斉発売でした。

なので1/10に小笠原海運に電話。
たぶん発売開始初日だったのもありまして電話がまったく繋がらなくて、翌11日に電話して往復の乗船券のみを予約。

早めに連絡しないと希望の乗船日のチケットが取れない可能性もあります。早めに確保しておくのが良いかと思います。

予約したあとは書類が届いて、同封されている振り込み用紙で入金することになります。

後日、乗船券が届きます

保存状態が悪く今はボロボロですが、
この中に乗船券が入ってきました。

あとは当日、東京の竹芝桟橋から出港します。最寄り駅は浜松町駅です。

小笠原までの航路と竹芝桟橋へのアクセス。

◯おがさわら丸の運賃等について

運賃についてですが、おがさわら丸は客室によって金額が違います
あとは燃料油価格変動調整金によって少し変わりますが大体の金額を。
(2012年6月の運賃表を例示)

2等     24,940円
(学割)                 19,960円
(身体障害割引) 12,480円
寝返りもうてないくらいの間隔で大人数で雑魚寝。マットが敷かれて布団と枕があります。コンセントが限られていますので注意

特2等 37,410円
・2段ベッドのフロア。

1等 49,880円
・2人用と4人用の個室になります。

特1等 57,670円
・ホテルの一室と同じような洋室。
2人用かと思います。

特等 62,430円
・2人用のベッドにテーブルとチェアーがあって室内も広々。

以上は片道料金です。往復じゃないですよ!間違えないように。

パンフレットを見ると分かりやすいかも。

船室情報についてはこちらを見ていただけると良いかと思います。(小笠原海運さんのページがキレイにまとまっているので)

今回は2等客室でしたが過酷だった反面、良い出会いも多くありましてよかったです。
「着発で帰ることに驚かれることになる」のでコロプラ目的で強行で行く方はコロプラ仲間と行くのをおすすめします(笑)

なぜなら片道26時間は退屈なのです(笑)

一応ゲームや小説などを持っていきましたが、ほとんど海を見たり寝ているのがほとんどでしたね。

◯おがさわら丸船内について

船内はインフォメーションと売店の他にレストラン展望ラウンジがあります。

他に今、どの辺りを航行しているのかわかるモニターがあったり、シャワールーム、洗面所、カップ麺を食べるためのお湯もありますし、ジュースの自販機もあります。

あとは時間によっては船外デッキで海を見たり、風を浴びるのも気持ち良いです。

2等客室はCデッキだったのですが、それより下のDデッキ客室は開放されてませんでした。

ただ、Cデッキ下の廊下にコンセントがあったので充電場所は確保。コンセントを見つけたのは本当に大きかった!

そこの階段に座っている時間が多かったです。
たぶん人が多いとDデッキ客室も開放されて廊下も人が多くなるのかと。

◯船内にて

竹芝桟橋には朝8時くらいには到着していたのですが、すでに長蛇の列でした。 
早く並べば整理券をもらえて、早い番号の人が早く乗船できるようです。

自分は一人でいたので近くにいた年配の方が声かけてくださいまして、船内では色々とお話しました。

埼玉で保護司さんをされている方で、保育士の自分とも共通する話題も多く貴重な時間をすごせました。

寝床も隣だったのでご迷惑かけたこともあったとおもいますが、加えて食事代も出してもらう形になりまして本当に感謝です。

逆の隣の方は小笠原に数十年ぶりに消防車を納車する方で出張とのこと。
消防車もいろんなメーカーさんがあることに驚きました。

あとは大学生らしい集団が多かったですね、卒業旅行でしょうかね。
(ある学生達がカタンってボードゲームをやっていて楽しそうだなぁ、とおもいました。)

あとは船外で海を見ている時にも声をかけられることも多かったです。

出身地の話や旅の目的なんか話合いました。

東京湾を出るまでも結構かかるので楽しかったです。
都会の街並みが遠ざかり
羽田空港を横目に三浦半島と房総半島をすり抜けるのが…

遅い!!

なかなか景色が変わらなくて(笑)

外洋に出たら海しかないのでぼーっとする時間がほとんどでした。

あとはレストランの食事が美味しかったです。カップ麺ですまそうとも思いましたがレストラン寄ってよかったです。

窓際のカウンター席では海を見ながら食事ができるので船旅感を感じますね。

あとは外洋は揺れます。思ったより揺れるので酔い止めあると良いとおもいます。自分は乗り物酔いはわりかし平気なので酔い止めも必要ありませんでした。周りで具合悪い人の介抱したり酔い止めあげたりしました。

シャワールームは狭いです。思ったより大変でした。

携帯は圏外になるので何かしら時間つぶすものが必要ですね。

◯小笠原到着

3/13 10:00出港からの
3/14 11:20到着です。

小笠原諸島 父島 二見港に到着

天気が良くて最高な一日。
しかし悲しいかな滞在は約2時間半(涙)

24時間以上もかけてきたのに!

ご一緒した保護司の方と昼食まで過ごしました。
カジキのづけ丼を美味しくいただきました。

お店は“じんべえあん”さん。
かじきの漬け丼美味しかった

一番焦ったのは、なかなか位置登録できなかったことですね。

DOCOMOのスマホですが、港周辺でなかなか電波とれず、村役場前でもとれず、帰り便の乗船受付はじまる直前にギリギリ登録できました(涙)

村役場前の公園でようやく位置登録完了。これで位置登録できなかったら着発までして何しにきたのか…本当に危なかったです。

743 小笠原諸島(東京53/53) 東京都制覇& 南関東制覇

史上最難関の小笠原諸島地域をゲット!

東京都と南関東を制覇しました。

そして小笠原地域で位置登録したのでコロプラ内の小笠原ピンポイントお土産の“ラム酒”が購入できます。

小笠原のピンポイントお土産“ラム酒”をゲット

あとは港でリアルお土産を購入して、再び同じ船で帰りました。

レストランの方が「とんぼ返りですか?」と私のことを覚えてくれたり、帰り便で隣になったカップルさんには小笠原での写真を見せてもらったり、人との関わりはとても良かった旅になりました。

帰りの船がめちゃめちゃ揺れました。
夜中の1時頃は縦に揺れて凄かったです(涙)

「こういう絶叫系アトラクションと思って我慢するしかない」

と、強く思い凌ぎました。

今回の旅
レベル☆☆☆☆

お金と時間があればクリアできますが、その度合いが他の旅と比較してもかかるので(涙)

次回はスケジュール緩く、アクティビティ盛り込んでもっと楽しめるようにしたいですね。

小笠原に行ったことがある方、特に着発したことがある方は仲良くしてください(笑)

今回は1地域を新規ゲット

現在のスタンプ743/748。  

全国制覇までついに、あと5地域です!

次の旅で全30回のコロプラ全国制覇旅が完結します。

次のページ30全国制覇達成

目次へ戻る

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!

みや兄Twitter→miyabomber0101

Follow me!

【コロプラ】29/小笠原強行旅~全国制覇旅行記【全国制覇】” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です