※【世界遺産】53ポリネシア文化圏/文化的景観/近代建築と植民都市/未来への教訓~オセアニアの世界遺産

こんばんは、みや兄です!12月12日までは世界遺産検定1級合格に向けての勉強シリーズです。

公式テキストである「すべてがわかる世界遺産大事典(上)(下)」を中心に自分の苦手ポイントメモなどを加えていきたいと思います。

「すべてがわかる世界遺産大事典(上)(下)」
読むだけでも楽しい本。オススメです

Amazon→すべてがわかる世界遺産大事典(上)

Amazon→すべてがわかる世界遺産大事典(下)

今日は第53回目ということで「53ポリネシア文化圏/文化的景観/近代建築と植民都市/未来への教訓」です

■ポリネシア文化圏

◯ウルル、カタ・ジュタ国立公園

()オーストラリア 1987年/1994年範囲拡大 文化的景観

登録基準(Ⅴ)(Ⅵ)(Ⅶ)(Ⅷ)

場所 オーストラリア大陸中央部

歴史特徴

■ウルルは一枚岩としてはマウント・オーガスタスに次いで世界で二番目の大きさを誇る。

カタ・ジュタは「たくさんの頭」を意味する。比較的もろい礫岩。36の巨岩からなる。

4~5万年前からこの土地で生活するアボリジニアナング族のよって聖地と崇められた。

岩壁に絵を刻み神話、伝承、狩猟方法などを後世に残す。

聖地であることから2019年10月末よりウルル登山が禁止された。

オーストラリア政府によって国立公園になったがアナングに土地は返還、2084年まではオーストラリア政府が借り受けることに。

Wikipedia→ウルル、カタ・ジュタ国立公園

◯首長ロイ・マタの旧所領

(文)バヌアツ 2008年 文化的景観

登録基準(Ⅲ)(Ⅴ)(Ⅵ)

場所 島国のバヌアツに点在

歴史 首長ロイ・マタゆかりの遺跡群。

特徴 ロイ・マタの住居があったエフェテ島沿岸のマンガースや、彼が絶命したレレス島のフェルス洞窟などが世界遺産に。

Wikipedia→首長ロイ・マタの旧所領

◯ナン・マトール:ミクロネシア東部の儀礼的中心地

(文)国名 2016年/2016年危機遺産

登録基準(Ⅰ)(Ⅲ)(Ⅳ)(Ⅵ)

場所 ミクロネシア連邦ポンペイ島南東岸

歴史 古代に造られた100以上の人工島があり、ナン・マトールと呼ばれる。

島には紀元前1200年~1500年頃に築かれた石造りの宮殿や寺院、墓地、住居跡が残されている。

特徴 太平洋諸島文化が栄華を誇ったシャウテレウル朝の儀礼の中心地として役割を果たした。

水路に堆積した泥やマングローブの繁殖により世界遺産登録と同時に危機遺産入り。

Wikipedia→ナン・マトール:ミクロネシア東部の儀礼的中心地

■文化的景観

◯トンガリロ国立公園

(複)ニュージーランド 1990年/1993年範囲拡大 文化的景観

登録基準(Ⅵ)(Ⅶ)(Ⅷ)

場所 ニュージーランド北島の中央に位置。

歴史 先住民マオリの聖地とされる。

特徴 タウポ火山帯にある国立公園。

3つの活火山、トンガリロ山、ナウルホエ山、ルアペフ山。カルデラ湖、溶岩に覆われた荒野や氷河などの火山帯地形。

マオリの首長テ・ヘウヘウ・ツキノ4世は神聖な土地を守り抜くことは困難と英国に寄進し国家の保護下に置くことを提言。

ニュージーランド初の国立公園として保護されることになった。

1992年に文化的景観の概念が認められ、翌年に世界で初めて文化的景観の価値が認められ複合遺産として拡大登録された。

多彩な動植物が原生。動物では国鳥のキウイなど。

Wikipedia→トンガリロ国立公園

◯ククの古代農耕遺跡

(文)パプアニューギニア 2008年 文化的景観

登録基準(Ⅲ)(Ⅳ)

場所

歴史

特徴

Wikipedia→ククの古代農耕遺跡

◯バジ・ビムの文化的景観

(文)オーストラリア 2019年 文化的景観

登録基準(Ⅲ)(Ⅴ)

場所

歴史

特徴

世界遺産オンラインガイド→バジ・ビム文化的景観

■近代建築と植民都市

◯シドニーのオペラハウス

(文)オーストラリア 2007年

登録基準(Ⅰ)

場所

歴史

特徴

Wikipedia→シドニーのオペラハウス

◯王立展示館とカールトン庭園

(文)オーストラリア 2004年/2010年範囲変更

登録基準(Ⅱ)

場所

歴史

特徴

Wikipedia→王立展示館とカールトン庭園

◯レブカ歴史的港湾都市

(文)フィジー 2013年

登録基準(Ⅱ)(Ⅳ)

場所

歴史

特徴

Wikipedia→レブカ歴史的港湾都市

■未来への教訓

◯オーストラリアの囚人収容所遺跡群

(文)オーストラリア 2010年 負の遺産

登録基準(Ⅳ)(Ⅵ)

場所

歴史

特徴

Wikipedia→オーストラリアの囚人収容所遺跡群

◯ビキニ環礁-核実験となった海

(文)マーシャル諸島 2010年 負の遺産

登録基準(Ⅳ)(Ⅵ)

場所

歴史

特徴

Wikipedia→ビキニ環礁-核実験となった海

おわりに

「ポリネシア文化圏」については、

「文化的景観」については

「近代建築と植民都市」については

「未来への教訓」については

世界遺産検定の他にも色々なジャンルの記事を書いてますので気になるジャンルがありましたら読んでいただけると幸いです。

これからも生活の役に立つ記事、楽しい記事を少しずつ書いていきたいと思います!

ではではー!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

みや兄 Twitter→@miyabomber0101

世界遺産検定1級→54複合遺産/自然の景観美/地球生成の歴史/生物多様性~オセアニアの世界遺産

世界遺産検定1級→(目次へ)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA